会社情報

会社沿革

時代と歩む長野愛知の技術力

昭和22年7月
戦後の電気施設復旧を目的に設立
中部配電株式会社殿(現中部電力)の要請を受けて、株式会社愛知電機工作所・長野工場として長野県更級郡に設立
変圧器の修理技術を主体に、長野地区の配電復旧に貢献する
昭和27年2月
送電線、発変電所、通信線などの工事建設業務にも進出
昭和30年6月
機器修理のノウハウから製造業務を開始
配電用バランサ、ネオン変圧器、各種電源変圧器の製造を行う
昭和35年12月
愛知電機工作所より独立 「長野愛知電機株式会社」へ
受注規模の拡大と長野県域における需要の安定から、愛知電機工作所より分離独立
社名も長野愛知電機株式会社と変更
昭和36年7月
工場が狭隘となったため、長野市川中島へ新工場を建設、移転
昭和38年12月
松本に出張所(現支店)を開設
昭和41年10月
OAの本格化を背景に、複写機用電源装置の製造開始
国内企業にコピー機の導入が普及してきたことに伴い、複写機用を主体とする高圧安定化電源装置の製造開始
昭和45年7月
本社工場敷地内に回転機器工場を新設
(株)愛知電機工作所と提携し、モータの製造に進出
昭和54年1月
モータ部門を恵那愛知電機(株)に移管
昭和59年2月
甲府市に山梨出張所を開設
昭和59年11月
温水便座コントローラの製造を開始
昭和63年8月
松本営業所(現支店)を新築
平成2年12月
創立30周年を機に新社屋竣工
平成5年3月
本社新工場(一部3階建て、延面積5,400平方メートル、静電気防止対策)竣工
平成11年8月
「ISO 9001」の認証取得
平成17年5月
「ISO 14001」の認証取得
平成21年6月
高圧受電キュービクルの製造を開始
平成23年10月
LED電源の製造を開始
平成30年
LED高天井用高輝度灯の生産を開始